どうもこんにちは。「やべーカッコ良さそう!」と大した考えもせずポチったこうじです。

iPadのキーボードとかカバーは、サードパーティ製を含めたら限りなくありますが、Appleの純正で行くとMagic Keyboard(マジックキーボード)とSmart Keyboard(スマートキーボード)の二つがあります。

果たしてこの二つはどちらが買いなのか?どういう人におすすめなのかを独断と偏見でご紹介します!購入を迷っている方の一つの選択肢になれば幸いです^^

この記事の内容

Magic Keyboardはどんな子?

Magic KeyboardはSmart Keyboardよりも後に発売された、トラックパッド付きの見た目も価格もリッチなキーボードです。

Magic keyboard

Magic Keyboardの良いトコロ

念願のトラックパッド

Magic Keyboard トラックパッド

iPadをMacbookのように使いたいと思っている人は「ついに来たか!」と思えるハズ!iPadでMacbookのようにトラックパッドを利用するにはやはりこいつが第一選択肢でしょう。

後述するキータッチ感とトラックパッドのお陰でかなりMacbookに近い使用感を得られます。

キータッチがMacBookライク

Magic Keyboard キータッチ

なんせキーがMacbookと同じシザー構造なので、タッチ感がめちゃくちゃラク!これだけでタイプミスが僕の場合は減ります。本格的に「よっしゃ!iPadでなんかするぞ!」っていう人にはとても助かる構造ですね。

見た目もリッチなフローティングカンチレバー

Smart Keyboardの決められた角度でセッティングとは違い、Magic Keyboardは角度の限界はあれど、無段階で自由に自分の好きな角度に調整可能です。

Magic Keyboard ヒンジ部分

また若干キーボードからiPadが宙に浮く見た目になる為、側から見てもカッコいいです!「お?君おしゃれだね^^」とついつい声かけたくなる事間違いなしです。

あと、何気にUSB-Cもヒンジ部分についていますので、充電しながら、外部デバイスもプラスで使用可能です。

Magic Keyboard USB-Cタイプ
外部デバイスも接続可能。

Magic Keyboardを使って感じたコト

キーボードを畳めない

Magic Keyboard
後ろ側にカバーを畳めない。

僕も買った後に気づき「買って失敗した!」と思った部分なんですが、Magic Keyboardをたたんでタブレットとして使えません。タブレットの様に使うにはキーボードを外す必要があります。

もちろん、キーボードはマグネットでくっついているだけなので外すのは簡単ですが、それでもパーツが分かれてしまう為、スマートとは言い難いです。

Magic Keyboard取り外し

縦向きで使えない

ちなみに、カバーの構造上縦向きも出来ません。
とういう理由で、完全にパソコンの様に使うというケースで一番メリットを感じられるキーボードカバーだと思います。

思いの外トラックパッドを使わない

これは完全に個人差ですが、僕は思いの外トラックパッドを使いませんでした。
買う時はもう、絶対トラックパッド使いたい!と思って買ったんですが(笑)

なぜ使わないかというと、普通に画面にタッチしちゃうんです。
これはきっとあくまでも僕の中ではiPadという認識があるからと、僕の場合は12.9インチモデルですので、カーソルを合わせたりするのにもタッチで普通にストレスなく出来ちゃうんですよね。

そういうのもあって、せっかくついているトラックパッドの恩恵があまり受けられませんでした。

若干重い

これはきっと気にする人は気にするんだろうなぁと思うトコロ。ちなみに僕はあまり気になりませんでしたが、Magic Keyboardの方が若干重いです。

カバーの重さ比較
重さの比較。

と言ってもそんなに極端に変わるわけではないので、僕のような田舎に住んでて移動はほとんど車です^^みたいな人にはあまり関係ありません。

逆に都内などで移動は殆ど公共機関ですという人は、なるべく軽くしたいと思うので、そういう部分では選択肢の判断基準になると思います!

価格も重い

個人的には、それ相応の価格だとは思いますが、単純に「キーボードとトラックパッドが使える」と言うだけで考えたら、「え?高すぎじゃね?」とも思います。
正直キーボード買うお金で、何か買えちゃいそうです。

ただ、カバーの後ろに主張しすぎないアップルマークがあるだけで、「なんかいいもの使ってる!」感があるというかアップル信者っぽい感じをアピール出来るので、それはそれでアリかと思います^^;

Smart Keyboardはどんな子?

Smart Keyboard Folio
映り込みすみません^^;

こちらはiPad Proが新しくなった時に一緒に発売になったのかな?Magic Keyboardに比べると前からあるキーボードです。

僕は使った事ないので、詳しくは知りませんが、以前のキーボード無しカバーは畳み方によって角度が柔軟だったそうなんですが、こちらは段階が2段階までしか変えられず、使い勝手が悪くなったという話も聞いた事があります。

Smart Keyboardの良いトコロ

タブレットの延長で使える

Smart Keyboard Folio 折りたたみ
カバーを後ろにしてタブレットとして使いやすい。

キーボードを背面まで折り畳みが出来るため、キーボードとしても使えますし、折り畳めばタブレットとしても使えます

僕の場合は、Apple Pencilでメモも取りながら、場合によってはキーボードも、というシーンは比較的多いので、こういうハイブリッドな使い方が出来るのはSmart keyboardのいいところだと思います!

Smart Keyboardを使って感じたコト

キータッチが微妙

Smart Keyboard Folio キーボード

タッチ感が硬く、かなり微妙です。Magic Keyboardは「カタカタ」という感じですが、Smart keyboardは「ボコボコ」と言った感じです。
キーも独特なので、押したと思ったら押ささってなかったと言うことがしばしばあります。

これはメインで使うにはかなり微妙だなと思います。というのもあり、Magic Keyboardを買おうかと思った理由でもあります。

角度の調整が効かない

Smart Keyboard Folio 角度調節

Smart keyboardは画面の角度がが2パターンしかありません。一つ目はほとんど直角に近く、パソコンライクに使うのでしたら2段目一択な気もします。

さらにキーボードを、後ろに畳んだ状態で画面を立てることができないので、「よっしゃ!ネトフリ見るで!」と意気込んでも、キーボードが出てる状態でしか見れず、以前のような画面の後ろにカバーを畳み込むということが出来ません。

ここも個人差がありますが、キーボードを使用しない状態で何かを見たい時に、やはり前に出ている部分のキーボードが邪魔に感じた事は結構あります。

結局どっちがおすすめ?

Magic Keyboardが向いている人

やはりMagic Keyboardがおすすめな人はiPadを完全にパソコンとして利用する人に限ると思います。

メインがノートパソコンの人は恩恵を感じないかも

先程もお話ししましたが、メインでノートパソコンを使用している人がiPadでもパソコンのように使えたらという趣旨で買うとあまり恩恵を感じないかもしれないです。

そんな理由で買う奴いるの?ププー^w^
はい!僕です。

僕がそもそもMagic Keyboardを買った理由が「家にいる時はMac。外でやる時は携帯性を考慮してiPadで出来たらいいな。」という理由からでした。

でも実際運用してみると、結局Macも持ち歩くんですよね^^;

というのも、仕事柄どうしてもiPadでは出来ない作業がどうしても出てきます。例えば、コンパイル系のだったり自作のコンソールアプリを使用したりと言った部分です。

コーディング類のみなら、クラウドIDEなど色々使って脱Macも試みた事がありますが、結局生産性などを考えるとiPadへの移行は困難でした。

なので、Magic Keyboardで最大限、恩恵を感じる為には・・・

  1. したい作業が全てiPadで行える。(使用目的がパソコンと同じ)
  2. Apple Pencilを使わない。
  3. 縦向きで使わない。
  4. そもそもパソコンを持っていない。
  5. Smart Keyboardのキータッチが許せない。

と言った感じでしょうか。

例えば、基本ブログの更新ですよと言った、iPadで事足りる内容が主の場合はむしろ買いです。めちゃくちゃ生産性上がると思います。
逆に、ゴリゴリ開発とかする人がサブで出来たらなという邪な理由で買うと、結局大した恩恵を授からずに終わる恐れもあります。

用途が明確な場合は全然アリ

例えば開発や制作などは家でゴリゴリやるけど、外出た時は更新とか軽作業しかしない、という場合もめちゃくちゃアリ。

僕は、Macと同じ事をiPadでもしたい!という理由から買っているので、Macbookと同じ環境(キーボードとトラックパッド)を備える事で、「携帯性の向上したMacを手に入れたぜ!」と考えると、後々後悔します^^;

Smart Keyboardが向いている人

こちらは完全にiPadをサブで考える場合です。Apple Pencilなどで、イラストやタブレット用途がメインでついでにキーボードも使えたらという場合はこちらが良いと思います。

ついで程度ならキータッチのボコボコ感も大したストレスでもないですし、Magic Keyboardに投資するお金を他に使った方が有意義です。なので・・・

  1. 主にタブレットスタイルで使用する。
  2. イラストやメモなどApple Pencilを主に使う。
  3. メインがiPadではない。

まとめ

かなり主観が絡んでいますが、Magic KeyboardもSmart Keyboardもどちらが優っているかというものではなく、どちらが上位互換というものでもありません。
iPadをどの位置に据え置くかでどちらが良いか変わると思います。

僕の場合は、それでもMagic Keyboardを買って良かったと思っています。

理由は、どうしてもSmart Keyboardのタイプ感に慣れなかったからです。
最初は、なんでも出来たらいいと思ってましたが、今は完全にiPadをメインで使おうという考えは捨てているため、単純に選択肢が増えたなと思っています。

例えばノマドする時は、やろうとしている内容に合わせてキーボードを変えています。内容によっては、Macしか持っていかない事もあります。

また、家族サービス中に緊急の案件が来た場合は最悪スマホでどうにか出来る環境は作ってあります。この話はまた別の機会にでも^^

Magic Keyboardは価格がそれなりにリッチなので、キーボードは欲しいけど、どっちがいいんだろう・・・と思う人の一つの参考になれば幸いです!

おまけ

先程Smart Keyboardは2段階しかないと言いましたが、実は4段階です。
初めて目撃したのは、かなこがリビングで育児漫画を描いている時です。改めて考え方が固いなと思いました。

Smart Keyboard Folio 逆さ使用
ペンタブ向けの緩やかな角度。
Smart Keyboard Folio 逆さの段階
逆にして2段階プラス。

あー、すげーApple Pencil使いやすそうって思いました。

ただ、キーボード打ちたい時はひっくり返さないとダメです(笑)